生徒が見ているポイント

生徒は子供ですが、子供だからといって手を抜いた経営や授業をしているとしっかりと見抜かれてしまうので注意が必要です。

サイトマップ

生徒が見ているポイント
トップ > 生徒が見ているポイント

生徒は子供ですが、子供だからといって手を抜いた経営や授業をしているとしっかりと見抜かれてしまいます。生徒側の視点に立って注意すべきポイントを確認しておきましょう。

子供を決して甘く見てはいけない

生徒は子供ですが、ちゃんと塾のことをしっかりチェックしています。子供だからといって甘くみていると、痛い目にあうのは経営者です。

塾に通ってくれている生徒には、最大の満足感を与えられる授業を実施し、「この塾に通って本当によかった」と思ってもらうことが重要です。ですので、決して子供相手の仕事だからと気を緩めないようにして下さい。

子供たちは、その純粋な眼と心で、しっかりと塾や先生のことを見極めてきます。

主に生徒がチェックしているポイントとしては、

 「先生は、本当に信用できる人か?」
 「塾に通って、自分の成績が上がりそうか?」
 「先生は手を抜かずに一生懸命指導しているか?」
 「授業の準備(予習)をしっかりやっているか?」
 「熱心に分かるまで教えようとしているか?」
 「真面目な先生か?」
 「先生はいざというときは自分の味方になってくれるか?」

といったところです。先生が手を抜いた授業をしたら、すぐに見抜かれて塾をやめていってしまうのです。

学校よりも身近な存在になること

塾は分かりやすい指導内容はもちろん、あらゆる面で学校を超えた存在でなくてはなりません。学校の先生より親身に指導し、勉強以外の悩みにも相談にのったりと、学校にはできない塾ならではのサービスが求められます。先生は、子供たち、さらには保護者から見て、心強い存在であり続けることが大切なのです。

学習塾経営は主に子供が相手のビジネスですが、時に大人よりもシビアな目でチェックされていることを知っておく必要があります。学校とは違い、塾はいつでもやめることができるのです。